腸内環境を良くする食べ物

スポンサーリンク

腸内環境を良くする5種類の食べ物とその理由はこれだ!

腸内環境を良くして美人になる食べ物といえば、ズバリ!日本の輝かしい食文化「和食」です!和食といえば、芋などの根菜類や海藻類、野菜や果物などが中心のスタイルです。これらに漬物や味噌などの発酵食品やヨーグルトなどの生きた乳酸菌を取るとパーフェクトです!それではひとつひとつ効果を見て行きましょう。

 

 

腸内環境を良くする食べ物、第1は、食物繊維の多いサツマイモやごぼうなどの根菜類、豆腐や納豆などの大豆製品です。これらには「不水溶性食物繊維」というものが豊富に入っており、腸の運動を促進させ、スムーズな排便を促すことによる便秘解消の効果があります。

 

たかが便秘と軽視されがちですが、便秘になると腸内に悪玉菌が増殖します。悪玉菌が増えることにより更に便秘は悪化し、更に悪玉菌が増殖・・・という負のスパイラルになってしまします。更に放っておくと「むくみ」や肥満、腹痛や吐き気、更に大腸ガンに・・・という恐ろしい結末に。くわばらくわばら。

 

 

腸内環境を良くする食べ物、第2は、ワカメやもずくなどの海藻類です。これらには「水溶性食物繊維」と「アルギン酸ナトリウム」が含まれており、整腸作用があるだけでなく、血糖値やコレステロールの上昇を防ぎ、生活習慣病を予防する効果もあるのです!一石二鳥ですね♪

 

 

腸内環境を良くする食べ物、第3は、野菜や果物です。これらには、腸の活動が活発になる効果がありますが、これらに含まれる酵素には熱を加えると壊れてしまうものも多いので、生で食べるのがお奨めです。野菜や果物をそのままジューサでドリンクにし、朝忙しい時に飲むとそれだけで腸がスムーズに動き出しますよ。

 

 

腸内環境を良くする食べ物、第4は、漬物、味噌、コウジなどの発酵食品です。これらには「植物性乳酸菌」が含まれており、善玉菌の増殖をサポートしてくれる働きがあります。乳酸菌は胃酸などによって死滅することが多いですが、これらは生きて腸まで届きやすいという特徴があります。助かりますね!

 

 

腸内環境を良くする食べ物、第5は、乳酸菌の鉄板!と呼ばれるヨーグルトです。でも、ヨーグルトなら全部良いかといえばそうではなく、ちゃんと生きて腸に届くものを選ぶ必要があります。せっせとヨーグルトを食べてもほとんどが胃酸で死滅しては意味ないですからね。

 

なので、「生きた乳酸菌」「腸に届く」などの文言が記載されているものを選ぶと良いですね。又、ヨーグルトは朝食べることで腸が一日中活性化する効果もありますので、朝食には是非ヨーグルトを取りましょう♪フルーツを入れると抗酸化作用もあり、アンチエイジング効果もありますよ。

 

 

おまけ情報ですが、便秘は、腸内の水分不足が原因とも言われています。しかも大腸に届く水分量は飲んだ量の10分の1ほど。但し、食べ物からも水分を取っているので、水をがぶ飲みする必要はないので、一日1.5〜2Lくらいを目標に、マグネシウムやミネラルを豊富に含むミネラルウォーターを飲むのがお奨めです。

 

体に良いからと、最近水をやたらとガブ飲みする方がおられますが、逆に体が冷えたり、むくみを助長させたりしてしまいます。一度に水をガブ飲みせず少しずつ。冷えが気になる方は氷入りや冷蔵庫でのキンキンに冷やした水ではなく常温や白湯にすると良いようですよ。

 

猛暑の夏こそ、常温か白湯で水分補給をしつつ、食事に気を付け、冷房や暑さで痛めつけられた体を労わること。そういうこまめな努力が健康な腸内環境、ひいては美貌と健康をgetする近道、なのかもしれませんね。ローマの道も1歩からです!さあ、一緒に腸内環境に良い食べ物を取るよう頑張りましょう!!!

 

 

 

 

 


スポンサーリンク