腸内環境と酵素

スポンサーリンク

アンチエイジングや美肌には腸内環境の酵素を増やせばいいの?

最近酵素ダイエットや美肌効果、アンチエイジング効果を求めて、女性セレブや美容ブロガーが酵素ドリンクについて語っているものを良く目にします。食事ではとりにくい酵素がドリンクだと取りやすいということで、愛飲者が増えているとのこと。

 

確かに彼女達を見ていると、効果がありそうな気も。。。でも、そもそも、酵素って一体何でしょう?そしてどうして効果があると言われているのでしょうか?まずは種類別に酵素の実態を見ていきましょう。

 

 

腸内環境に大切な酵素の種類 その1:消化酵素

 

まずは「消化酵素」から。消化酵素は、私達が食べた食材の栄養を吸収する為に、消化・分解する酵素です。体内に5000種以上ある酵素のうち、3000種類以上が腸内で作られると言われています。

 

よって、腸内環境が悪化し、胃腸の働きが弱くなると体内酵素の働きも悪くなり、胃もたれや消化不良を起こすようになります。

 

 

腸内環境に大切な酵素の種類 その2:代謝酵素

 

私達の体は常に新陳代謝を繰り返しており、お肌のターンオーバー機能や細胞の若返りなど、この代謝酵素が働くことによって正常に行われています。又、呼吸や運動、病気や怪我を直す治癒効果や免疫力upにも代謝酵素が必要となります。

 

こちらも「その1」同様、腸内環境が悪化すると、代謝酵素の働きも悪くなり、肌のしわ・しみ・くすみ、足のむくみ、便秘・下痢、病気やけがも治りにくいなど、様々な悪影響が及びます。

 

 

腸内環境に大切な酵素の種類 その3:食物酵素

 

上記2つは「潜在酵素」と呼ばれ、私達の体に元々存在する酵素ですが、食物酵素は毎日の食事で取る酵素です。元々存在する潜在酵素は加齢や食生活の乱れ、ストレスや睡眠不足などで減少していきますので、食物酵素で補う必要があります。

 

 

食物酵素が多く含まれるのは、生野菜や果物。これらは切った先から酸化し、食物酵素が奪われる性質があります。というわけで、野菜や果物を取る際は、丸のまま購入し、直ぐに調理し食べるようにしましょう。

 

野菜や果物をジューサーで砕き、ジュースとして飲むのは細胞が小さくなり、体内に取り込みやすくなる為、一番良いとされます。ジューサーを出すのはちょっと面倒ですが、是非やってみましょう☆

 

 

ということで、酵素は消化・代謝・そして体内酵素の補佐、という形で私達の体に必要とされているようです。特にアンチエイジングに必要なものは代謝酵素!これを増やせば問題解決ですね。

 

その、腸内環境の代謝酵素を増やすためには、以下のことを心がけましょう!

 

@毎日6時間以上の十分な睡眠を取ること。特にお肌のゴールデンタイムと言われる夜10時から2時には、かなり難しい方もおられると思いますが、極力眠るようにしましょう。

 

A適度な運度を心がけること。ジムにわざわざ行かなくても、家でストレッチをしたり、筋力upに励むことでも大丈夫です。

 

Bストレスを溜めないこと。ストレス社会ですので、ストレスを無くすことは難しいですが、趣味に打ち込んだり、自分の好きなことをしたりして、極力「ストレスは翌日に持ち越さない」ことを目標に発散しましょう。

 

C腸内環境を整える為に、善玉菌を増やすこと。つまりヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌や、味噌・納豆・漬物などの植物性乳酸菌を積極的に取り、肉やお酒、脂っこい食事を控える事が大切です。

 

D常に前向きに考え、笑顔で暮らすこと。笑顔は代謝がものすごくupする、体にとって大切なビタミン源です。腸内環境の酵素を増やす意味でも、人生を楽しむ意味でも、笑うことはとても大切です。

 

笑えないくらいツライ時も、無理矢理笑顔にすれば、不思議と笑顔になるものです。人間の脳は体と心を一体にしようとします。ツライ時こそ笑顔でスキップしましょう!バカバカしいですが、これ、効きますよ(笑)

 

 

せっかく生まれてきたのですから、腸内環境を良くし、笑顔で楽しい人生を送りましょう!健康で若々しい、素敵な人生を送って下さいね!

 

 


スポンサーリンク