腸内環境とオリゴ糖

スポンサーリンク

腸内環境の為にオリゴ糖を取って、下痢になっても大丈夫?

腸内環境の為に、ヨーグルトなどの乳酸菌の他に、オリゴ糖も良いらしい!という話がありますよね。でも、取りすぎて下痢になっちゃった!というお話もチラホラ。それって本当に大丈夫なんですかね?そしてそもそもオリゴ糖って何故良いんでしょう?

 

オリゴ糖は、腸内環境の善玉菌のエサになる為、善玉菌の活動を活発にし、善玉菌の増加に役立ちます。しかも、私達の体内では、オリゴ糖をあまり消化・吸収されない為、しっかり腸まで届き、善玉菌のエサになるのです。

 

体内で消化・吸収されない、ということは、血糖値もあまり上がらないという利点があり、ダイエット効果もあります。ヨーグルトと一緒にオリゴ糖を取るという作戦は、腸内環境にとっては最高ですね!

 

ただ、オリゴ糖ならどれでも大丈夫!という訳ではありません。市販のオリゴ糖シロップは、オリゴ糖の含有率が30%ほどとか。それ以外はショ糖などの甘味成分になっています。

 

ショ糖も善玉菌のエサになるのですが、腸に届く前に体内で吸収されてしまう為、血糖値を上げるだけで腸内環境を整える、という効果までは期待できません。また悪玉菌のエサになってしまう一面もあります。なんてこと!!

 

ということで、オリゴ糖を選ぶ時は、オリゴ糖含有率が100%近いものを選びましょう☆ スーパーではちょっと見つけにくいかもしれませんし、市販のシロップよりはお高いかもしれませんが、腸内環境の改善によるメリットを考えれば安いものです!

 

さて、そのような形でオリゴ糖生活(?)に目覚め、ヨーグルトと一緒にせっせと食べていたところ、お腹の調子が・・・そう、下痢になっちゃいました!(涙)その場合は摂取を止めたほうがいいのでしょうか?

 

便秘が何日も続くと、腸内で腐敗物質が溜まり続け、更にそれが腸の壁から吸収され、血液が汚染されていきます。肌荒れ・便やガスの悪臭、免疫低下や老化が進み、腸だけでなく、腎臓や肝臓にも負担がかかってきます。

 

それを防ぐ為にも、結論は「下痢になっても、まずは腸内に溜まった便を出した方が良い」そうです。オリゴ糖による下痢を取るか、腸内環境悪化から来る体調不良を取るかの問題になってきますが、下痢は体内に居る悪い菌や老廃物を出す自浄作用ですので、実はそう悪くはないのです。

 

また、オリゴ糖は自然食品ですから、下剤のように副作用や中毒性もなく安心です。下痢になった後は、腸内環境も不要物を排出し、リフレッシュ出来ますので、ここからが腸内環境を良くするスタートラインに立てた!ということなのです。

 

スタートラインに立てた後は、再びヨーグルトや発酵食品、オリゴ糖で腸内環境を少しずつ改善させていく。継続は力なりです。さあ、頑張ってオリゴ糖生活を続けましょう!


スポンサーリンク