ヨーグルトと腸内環境

スポンサーリンク

腸内環境改善には、ヨーグルト銘柄の浮気は1週間禁止!

スーパーやコンビニに行くと、多くのメーカーから様々な種類のヨーグルトがあって楽しいですよね。今日はダノン、明日は明治☆いろいろ食べ比べるのも楽しみのひとつです。筆者はフルーツ入りが大好きで、新製品はすぐ試してしまいます(笑)。

 

でも、腸内環境の改善を目指すなら、その選び方、ちょっと待ってください!ヨーグルトは恋人同様、1週間は銘柄を変えてはダメなんです!(まあ、恋人を1週間以内にどんどん変える猛者も少ないと思いますが(苦笑))

 

腸内環境は、ほぼ1週間でターンオーバー(=生まれ変わる)すると言われています。ということは、1週間同じ銘柄のヨーグルトを食べ続ければ、その銘柄のビフィズス菌や乳酸菌が自分に合っているかどうかが分かるという訳です。

 

それらの菌が自分に合っている場合は、お腹の張り具合や便やオナラの臭いが改善されたり、お通じが良くなります。これは、腸内をヨーグルト内のビフィズス菌や乳酸菌が腸を通過しながら酸を放出し、悪玉菌の働きを抑え、善玉菌を増やしてくれるからなのです。

 

又、善玉菌が増えることにより、腸内細菌がビタミンB群などのビタミンを生成し、カラダに補充する働きもある為、疲労回復効果やアンチエイジング効果もあると言われています。一石二丁、三丁ですね☆

 

更にヨーグルトには、カルシウムも多く含まれている為、体が「栄養状態が良い!」と判断してくれ、脂肪を燃やしやすくなり、ダイエット効果、骨粗しょう症予防にも繋がります。腸内の善玉菌は加齢と共に減る傾向がありますので、善玉菌を増やす意味でも重要です。

 

1週間たっても、あまり変化がない場合は、残念ながらそのヨーグルトはアナタの腸内環境の改善には役不足だったようですので、別の銘柄にTRYしてみたほうがいいかもしれません。日本で売られているヨーグルトは、なんと!約7500種類以上あるらしいですから、ドンマイです!

 

ヨーグルトと一口に言っても、最近はそれぞれのヨーグルトの菌の働きを研究し、開発された商品が多く出ています。けれど、他の人が「これ、効いたよ!」と勧めてくれたヨーグルトがアナタに合うとは限りません。

 

ただ漫然とヨーグルトを食生活に取り入れるのではなく、腸内環境改善を意識しながら、様々なヨーグルトを吟味し試しつつ取り入れることにより、費用対効果も高まり、より効果的になりますので、ちょっと面倒ではありますが、頑張りましょう!

 

最後にヨーグルトの選び方ですが、全ての銘柄のヨーグルトが生きて腸に届く訳ではありません。中には胃酸で死滅してしまう菌も多々あります。せっかく善玉菌を体内に取り入れても、これじゃ意味ないですよね。

 

ということで、お勧めの目安は「トクホ(=特定保健用食品)マーク」です。このマークは生きて腸に届くことを証明した商品だけが許される、素晴らしいマークなのです!

 

その中でも「ガセリ菌SP株」とか「ビフィズス菌SP株」とかいう菌株(=細菌の基本単位)があります。これらは腸に留まって、悪玉菌を抑え、腸内に元々居るビフィズス菌を活性化することが証明されているので、おススメですよ☆

 

 

 

 


スポンサーリンク